脱毛前に日焼けは禁物

女性の身だしなみの一環として、光やレーザーで脱毛をする人が増えています。肌に優しいタイプの機械も開発され、子供でも脱毛できる時代になっています。しかし、いくら肌に優しいからと言って、日焼けした肌に施術できないので注意が必要です。
脱毛サロンの体験談などで、日焼けしているからと断られたという意見が寄せられています。サロンやクリニックのスタッフは、決して意地悪から断っているのではなく、理由があります。
まず、日焼けしている肌に光やレーザー脱毛をすると、通常より強い痛みを感じます。なぜなら、光やレーザーはメラニンに反応するため、日焼けしていると、肌全体に痛みを感じてしまうのです。
次に、日焼けしている肌に施術をすると、毛嚢炎のリスクが高まります。日焼けして、バリア機能が弱くなっている肌に施術をすると、毛穴のバリア機能がダメージを受け、炎症を起こしてしまいます。赤みや痛み、ただれなど、長引く肌トラブルに悩まされる可能性が高まります。
このように、日焼けして脱毛の施術を受けると、脱毛が続行できなくなるほか、深刻な肌トラブルも引き起こしかねません。施術の前には、日焼けをしないよう心掛けるようにしましょう。